2009-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STM32 Primer2 の開発環境を整える

 STM32 Primer2のプログラミング・メモです。

1.CD-ROMイメージのダウンロード
下記ホームページから、最新のCD-ROM Imageをダウンロードします。ページの下の方にCD-ROM imageがあります。

http://www.stm32circle.com/resources/stm32primer2.php
CD-ROM image - Full CD-ROM provided with the STM32-Primer2
(CD_STM32-Primer_BN14.zip)

2.開発環境のインストール
 この時点では、STM Primer2をパソコンに接続しないでください。
<参考> STM32-Primer2 User manual.pdf 「3.3 Install the Ride7 software toolset for ARM」

(1)ダウンロードしたCD-ROM image を解凍し、demo.exeをダブルクリックします。
(2)「Install ARM Toolset」を押します。

Primer2インストール(1)

(3)Install Ride7 or its componentsをクリックします。

Primer2 インストール(2)

 

(4)「Start install」を押します。

Primer2 インストール(3)

 
(5)「Finish」を押します。

Primer2 インストール(4)

 
(6)フォントの関係なのか、「Quit」ボタンが見えません。

Primer2 インストール(1)

 
Ctrl+Alt+Deleteキーを同時に押して、下記のダイアログでdemo.exeを選び、「プロセスの終了」ボタンを押します。

Primer2 インストール(5)

 
「はい」を押します。

Primer2 インストール(6)

 

 

3.USBドライバのインストール

(1)STM32-Primer2のUSBポート(DEBUG)とパソコンをUSBケーブルで接続します。
(2)「いいえ、今回は接続しません」を選んで、「次へ」を押します。

Primer2 USBドライバ(1)

 

(3)「一覧または特定の場所からインストールする」を選んで、「次へ」を押します。

Primer2 USBドライバ(2)

 

(4)「参照」ボタンを押して、C:\Program Files\Raisonance\Ride\Driver \RLinkDrv\Jungo_WinDriver_2000_NT_XPフォルダを選びます。「次へ」を押します。

Primer2 USBドライバ(3)

 

(5)「完了」を押します。


Primer2 USBドライバ(4)


4.コンパイルとダウンロード、Run
(1)スタートメニューからRaisonance tools > Ride7 > Ride7を起動します。

Primer2 実行(1)

 
Ride7を起動したときに下記のエラーが出て、Ride7がうまく動作しないことがあります(OSはWindows XP SP3)。別のPC(こちらもWindows XP SP3)でRide7を起動したところ、エラーは出ませんでした。  

Primer2 実行(2)


(2)メニュー Project > Open Projectで、C:\Program Files\Raisonance\Ride\Exsamples\ARM \Primer\STM32Primer2
\toggle_with_CircleOS\toggle_with_CircleOS.rprjを選択します。

Primer2 実行(3)

 
Application.cをダブルクリックして、開きます。

Primer2 実行(4)

 
(3)メニュー Project > Make Projectでコンパイルします。

Primer2 実行(5)

 
(4)STM32 Primer2の液晶の下の、オレンジのボタンを押して電源を入れます。

Primer2 実行(6)

 
(5)メニュー Debug > Startを選択すると、プログラムのダウンロードが始まります。ダウンロードが終了したら、メニュー Debug > Runでプログラムをスタートさせます。

Primer2 実行(7)

 
(6)CircleOSが起動し、初期画面になります。オレンジのボタンを押すとメニューが表示されます。メニューの中からApplic.を選び、サブメニューからtoggleを選びます。画面が真っ暗になり、赤と緑のLEDが交互に点滅します。次にメニューを開いたときには、toggleはApplic.の上に表示されます。

(7)オレンジのボタンを押し続けて、STM32 Primer2の電源をOFFします。パソコンには下記のメッセージが出ますので、OKをクリックします。  

Primer2 実行(8)


(8)メニュー File > ExitでRide7を終了します。

<広告> 
格安FPGA基板
Xilinx社 Spartan-3A搭載。PicoBlazeサンプル付USBダウンロード基板あり。

CADLUS X入門

無料プリント基板CAD「CADLUS X」の入門書。ダウンロードできるPDF書籍、導入編無料

スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア開発 - ジャンル:コンピュータ

«  | ホーム |  »

プロフィール

すいか村

Author:すいか村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
STM32 Primer2 (2)
プリント基板 (2)
STBee (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。